難民認定からモンゴル国籍 棄権圧力受けたイラン選手

 国際柔道連盟(IJF)は2日、今夏の世界選手権東京大会で敵対するイスラエルの選手との対戦を棄権するようイラン政府から圧力をかけられた、男子81キロ級元世界王者のサイード・モラエイがモンゴル国籍を取得したと発表した。

 政府の指示を拒否したモラエイは安全確保のために渡ったドイツで難民認定を受け、先月のグランドスラム大阪大会に難民選手団の一員として出場。12~14日のマスターズ大会(中国)からモンゴル代表として臨み、東京五輪出場を目指すという。IJF公式サイトにはモンゴルの柔道連盟会長を務めるバトトルガ大統領との記念写真も掲載されている。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ