阪神、ジョンソン退団濃厚で元広島・ジャクソン浮上!残留交渉最優先も代役探し本腰

 えらい、こっちゃ! 阪神のピアース・ジョンソン投手(28)が自由契約(FA)となることが29日、明らかになった。谷本修球団副社長兼本部長(55)が西宮市内の球団事務所で対応し、日本野球機構(NPB)に提出する保留者名簿から外すことを明言。残留交渉は継続も米球界復帰の可能性が高く、元広島のジェイ・ジャクソン投手(28)=ブルワーズFA=らを候補に代役を探していく。

 恐れていたことが、現実となった。ジョンソンがFA-。再びタテジマに袖を通す可能性は残されているが、厳しいもよう。盤石だった虎の投手陣に亀裂が入った。

 「(状況は)変わらないです。30日には一旦、名簿から外すことになると思います」

 谷本球団副社長兼本部長が深いため息とともにプレスルームへ-。この日までにNPBに提出しなければいけない保留者名簿にジョンソンの名前がないことを明かした。

 今季セットアッパーとして58試合に登板し、2勝3敗、防御率1・38を残した右腕に対し、球団は複数年での大型契約を打診。今月末までの決着を目指していたが、合意に至らず、独占交渉権を手放す形となった。

 谷本副社長は「ジョンソン、ドリス。最優先でいきます」と、同じく保留者名簿から外れたドリスとともに今後も再契約を目指し、交渉を重ねていく方針。だが、新外国人投手の獲得を問われると「有事の際に備えながら」とも。かねてからジョンソン自身に米球界に復帰する意向が強く、補強へとかじを切ることになりそうだ。

 「メジャーを含めて自由(契約)になっている選手は常に見ておかないといけない。日本の球団を退団した選手? そういう方たちも調査の対象になっていきます」

 海外での新外国人投手の調査はシーズン中から行ってきたが、“ポスト・ジョンソン”について谷本副社長は網を広げることを明言。そこで急浮上するのが元広島、ジャクソンだ。

 ジャクソンは2016年から昨年まで3年間、広島に所属。最速155キロの直球と縦横のスライダーを武器に日本通算175試合に登板。今季はブルワーズとマイナー契約を結び、4月にメジャー昇格。メジャーでは6試合止まりも、今季通算28試合に登板した。現在はFAで、日本球界復帰を視野に入れており今夏、阪神の国際担当者が渡米した際にジャクソンの投球を確認した可能性がある。

 ジャクソンの他にも16年に58試合に登板したロベルト・スアレス(28)や、今季7勝5敗だったアリエル・ミランダ(30)とソフトバンクを今季限りで退団する両投手や、昨季13勝2敗とパ・リーグ最高勝率をマークし、ロッテを退団となるマイク・ボルシンガー投手(31)らも候補になる。近年の虎をみればブラゼル(元西武)、ガルシア(元中日)ら他球団を経由して獲得した選手の活躍が目立ち“即戦力”という意味では日本球界経験は大きな魅力になる。

 「あらゆる可能性は探っていかないといけないと思います」

 退団となれば、今季12球団トップのチーム防御率3・46を誇った投手陣は再建を強いられる。有事に備え、ジャクソンらの獲得調査を急ピッチで進めていく。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ