全国制覇7回“名門”常翔啓光学園ラグビー部員数がわずか12人に…ネット「知らなかった」「声も出ないほどの驚き」

 高校ラグビーの強豪校として知られ、「全国高等学校ラグビーフットボール大会」で7度の優勝を誇る名門、常翔啓光学園(大阪府)のラグビー部員数がわずか12人であることが27日放送の「BACK TO SCHOOL!2時間SP」(フジテレビ系)で伝えられた。前身の啓光学園は戦後初の全国大会4連覇を果たすなど、往年のラグビーファンにとっては忘れられない存在。しかしここ数年は全国大会の舞台から姿を消し、存続の危機にさらされている。その現状にネットから驚きの声が上がった。

 この日の番組には、同学園出身の俳優、高橋光臣(37)が出演。今年放送された連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」(TBS系)で、トキワ自動車のラグビー部「アストロズ」のキャプテン・岸和田徹を演じた高橋が母校を訪問する様子が紹介された。ラグビー経験者の高橋が在籍した当時はまさに同学園の全盛期。部員数も約120人いたが、現在はその10分の1にまで減少している。番組によると、その理由は学校の経営方針の変化だ。進学校へと転換をはかったことで、ラグビー推薦入学やスポーツクラスは廃止。入部者は年々減り、現在の部員数は1年生6人、2年生6人のみ。3年生の部員はいない。

 番組が放送されると、この現状がネットで大きな話題となった。SNSには「そういえば、最近常翔啓光学園って見ないよね」「啓光学園って言えばラグビーやってて知らない人はいない学校だったのに。部員12人は声も出ないほどの驚きやわ」「学校自体が近所にあるので、段々校外をランニングする部員が減っていくのが気になってたけど、単独チームとして試合が出来なくなるほどまでに減っていたとは知らなかった」など、驚きの声が殺到した。

 この放送を受け、同学園の全盛期を振り返るコメントも目立った。ツイッターには「2001年から啓光学園は花園4連覇。あの頃の啓光学園は、憎たらしいほど強かったのを、今でも鮮明に覚えております」「ラグビーと言えば啓光学園やったし、ラグビーやってる子は啓光学園が憧れやったなぁ」「啓光学園といえば大工大(今の常翔学園)と花園の決勝で対戦してたなぁ。東福岡ですらボコボコにしててめちゃくちゃラグビー強かったのよ。大阪の出場枠の一つは確実に啓光学園が持っていってて東海大仰星とか出れへんかったんだわ」といった書き込みが見られた。

 昔を知るファンからは「北野もそやけど、古豪が廃れていくんはなんか悲しいなぁ~」「あの啓光学園が。PLもそうだけどこれは卒業生はとても寂しいよね」といった書き込みも。また「高校ラグビー激戦区の大阪で、なんとか復活してほしい…」「また花園で大暴れする啓光学園が見たい」「いつの日かまた花園でロイヤルブルー軍団が活躍するところを見たい」など、同学園の復活を願う声も数多く寄せられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ