G亀井37歳で“大台”もファン複雑? ネット「亀井さん1.1億、陽さん3億。ん?」

 プロ野球・巨人の亀井善行外野手(37)が27日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉し、4000万円アップの年俸1億1000万円で契約更改した。プロ15年目にして初めての大台到達に、ネットのG党も自分のことように喜んでいる。

 SNSには「自分は巨人ファン!これは本当にうれしいよ!」「ついに!おめでとう」「やっと1億円プレーヤーになった!」などの書き込みがズラリ。今季、亀井は主に1番、5番として131試合に出場。打率・284、13本塁打、55打点の成績を残した。亀井は会見で「(1億円到達は)小学校からの夢でしたから、時間はかかりましたけど、うれしいです。現役は続くので、さらに上を目指して頑張りたい」と述べた。

 ベテランとしてチームを支え、勝負強いバッティングで5年ぶりのリーグ制覇に大きく貢献した。その活躍にネットのファンは「今年度の貢献度合を考慮すれば当然の金額」と納得の様子。また今年1年を振り返ったうえで、亀井の活躍を「影のMVPです!!彼が1番、5番をこなしてくれたから、2番坂本選手、4番岡本選手が生かされた!!守備でもライトの強固な守備と肩で何度も何度もピンチを救ってくれた!!」「今季優勝の影のMVP!!両外国人の目算外れと吉川の故障欠場を亀井が救ってくれた」と絶賛する書き込みも多かった。

 一方で大台突破も、「もうちょい上げてくれても良かったと思うのは、ワイだけか?」と、この金額にも不満そうな熱いファンもちらほら。また「FAできたとはいえ、年俸、陽に3億、亀井1.1億って…」「亀井さん1.1億、陽さん3億。ちょっと、ん?って思った笑」など、複雑な胸の内を明かすG党も少なくなかった。(金額は推定)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ