錦織圭、身近な“ヒーロー”は「熱い方…」 テニス

 男子テニスで世界ランキング13位の錦織圭(29)=日清食品=が27日、東京都内で行われた「LIXIL 東京2020パラリンピック聖火ランナー募集」記者会見にゲストとして登場。「スポーツ選手だけでなく、みなさんで盛り上げていきましょう」と応募を呼びかけた。

 聖火リレートーチは東日本大震災の被災地で使われた仮設住宅の窓などのアルミ建材を再利用して作られたと聞き、錦織は「被災された方々を守っていた家を使ったトーチなので、思いがつまっている」。見た目については、「すごくきれい。ネックレスにしたいくらい」と独特の表現で絶賛した。

 トークセッションで身近な“ヒーロー”について問われた錦織は「熱い方…松岡修造さん」と恩師の名前を挙げた。司会者が笑うと「笑うところじゃない」とツッコミを入れ、「テニスで世界を目指すきっかけになったのは修造さんの教えだった。今でも、日本のテニス界にすごく貢献してくれているので、自分にとっても、他の人たちにとっても修造さんはヒーローだと思います」と理由を明かした。

 右肘の負傷で全米オープン後に戦線を離脱。10月に手術を受けた錦織は「いまはリハビリをしながら、いい来年を迎えられるように準備している。この時期を有意義な、意味のあるリハビリの期間にする。五輪が一番の目標。そこに向けていい準備していく」と来夏の東京五輪を見据えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ