男子は羽生が貫禄の優勝 女子の紀平は2位 フィギュアNHK杯

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、NHK杯は23日、札幌市で男女のフリーなどが行われ、女子ショートプログラム(SP)2位の紀平梨花(関大KFSC)はフリーで4回転サルコーを回避、合計231・84で2位だった。

 ロシアの16歳、アリョーナ・コストルナヤが世界歴代2位となる合計240・00で優勝した。紀平、コストルナヤとともにファイナル(12月5~7日・トリノ)に進出を決めた。

 男子はSP首位の羽生結弦(ANA)が合計305・05で優勝、ファイナル進出を果たした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ