羽生、NHK杯3年ぶり4度目Vでファイナル進出 フィギュア

 フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第6戦NHK杯最終日(23日、真駒内セキスイハイムアイスアリーナ)男子はショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(24)=ANA=が、フリーでも1位となる195・71点をマーク。合計305・05点で3年ぶり4度目の優勝を飾り、ファイナルを含むGP通算12勝目を挙げ、シリーズ上位6人で争われるファイナル(12月5~7日、トリノ)進出を決めた。山本草太(19)=中京大=は合計226・27点で6位、島田高志郎(18)=木下グループ=は合計213・65点で9位だった。

 寒風が身に染みる札幌で巻き起こった温かい声援に背を押され、羽生が納得の演技を披露した。2季連続で「Origin」を用いるフリー。冒頭の4回転ループの着氷でこらえると、4回転サルコー、3回転ルッツ、4回転トーループを成功させた。その後の4回転トーループで回転が抜けたが、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)-3回転トーループ、最後は3回転半-つなぎの1回転-3回転サルコーに変更し、演技後は力強くうなずいた。

 過去2年のGP2戦目では涙をのんできた。一昨年も昨年も公式練習で右足首を負傷。いずれもGPファイナルには出場できなかった。10月のスケートカナダは合計322・59点で制した。2大会連続の300点超えで3年ぶりの出場となるファイナルは、世界王者ネーサン・チェン(米国)との一騎打ち。絶対王者の称号を取り戻す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ