羽生決めた5連続ジャンプ 最終調整からいざフリー/フィギュア

 フィギュアスケート・NHK杯 第2日(23日、札幌市真駒内セキスイハイムアイスアリーナ)

 男子ショートプログラム(SP)で首位発進した羽生結弦(ANA)が午後のフリーに向けて会場で公式練習を行い、4回転トーループを皮切りとした5連続ジャンプを決めた。

 SPでは2位を17・87点引き離す109・34点をマークした。GPシリーズ今季自身初戦のスケートカナダは合計322・59点で優勝。世界王者のネーサン・チェン(米国)が持つ世界最高まで0・83点に迫っており、更新の期待も高まる。

 「『羽生結弦はこうだよな』と期待してくださるからこそ、強くありたい」と意気込んでいた。フリーは午後8時51分開始予定の10番滑走で臨む。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ