フィギュアNHK杯公式練習 羽生「思い描く演技を」 紀平も4回転着氷

 観客から声援を浴びながら公式練習に姿を現した羽生は、リンク上で時折、笑顔を見せるなどリラックスした表情で調整。練習後の会見では「コンディションも良い状態でこれた」と語り、「まずはNHK杯の雰囲気を感じながら、ここで最高の演技ができるようにしたい」と意気込んだ。

 スケートカナダでは自己ベストをたたき出し、ネーサン・チェン(米国)が持つ世界最高に0・83差に詰め寄り優勝した。今大会での世界最高得点更新の期待もかかる。「結果としてついてくるものだと思っているので、まずは演技内容として自分が思い描く良い演技ができたら」と気を引き締めた。

 一方、新しい衣装で本番リンクに登場した紀平はこの日、代名詞のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を次々と成功させ、調子の良さをうかがわせた。注目の4回転サルコーも1本着氷し、場内からどよめきを誘った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ