羽生結弦「今季、一番点を出しているのは僕」 フィギュア

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・NHK杯に出場する冬季五輪男子2連覇の羽生結弦(ANA)が開幕前日の21日、札幌市内での記者会見に出席し、「日本でやる、札幌でやるNHK杯。雰囲気を感じながら、最高の演技ができるように」と意気込んだ。

 3季ぶりのGPファイナル(12月5日開幕、トリノ)進出を懸けて臨む。会場での公式練習ではトーループ、サルコー、ループと3種類の4回転ジャンプを跳び9度着氷させた。

 合計322・59点で制した10月のスケートカナダでは、世界王者のネーサン・チェン(米国)が昨季マークした世界最高に0・83点差と迫った。得点の更新に期待が懸かるが、「今季は今季。昨季は昨季。特に気にしていない。今季、一番点を出しているのは僕。それは超えないといけない」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ