22日からフィギュアNHK杯 羽生らが会場で調整

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)第6戦、NHK杯が22日に開幕するのを前に21日、北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナで公式練習が行われ、羽生結弦(ANA)や紀平梨花(関大KFSC)らが調整した。

 羽生は観客から声援を浴びながら、4回転ジャンプを何度も確認。フリーの曲「Origin」をかけた練習では、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で乱れもみられたが、その後、映像をチェックするなどして入念に調整していた。

 紀平は、灰色がかった衣装に身を包み、持ち前のトリプルアクセルを高い確率で成功させた。注目の4回転サルコーも1本着氷。調子の良さをうかがわせた。

 今大会は、GPシリーズの成績上位6人が出場するファイナル(12月5日開幕、トリノ)の進出が懸かる。男女はともに22日がショートプログラム(SP)、23日にフリーを実施する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ