天理・河西が3本塁打 1試合最多本塁打記録更新/明治神宮大会

 明治神宮野球大会第4日は18日、準決勝第2試合が行われ、天理(近畿)は中京大中京(東海)に9-10で九回サヨナラ負けした。

 8-5の八回に4得点を許して逆転されたが、 7番・河西陽路内野手(2年)が九回2死走者なしから右翼席へ起死回生の同点ソロを放った。

 二回にはバックスクリーンへ、五回にも右翼へソロを放っており、この試合3本塁打。第46回大会の藤嶋健人(東邦)ら計14人の2本を超える1試合最多本塁打記録を更新した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ