奥川、ヤクルトのキャンプ見学「今のままだと駄目と分かった」

 ヤクルトからドラフト指名された5選手が9日、松山市で行われている秋季キャンプを見学した。ドラフト1位の奥川恭伸投手(石川・星稜高)は「今の意識のままだと全然駄目だということが分かった。高い意識を持ってやらないと。いい一日になった」と刺激を受けた様子だった。

 奥川は客席で練習を見ながら熱心にメモを取り、ブルペンでは捕手の後ろから投球練習を見つめ「プロの球はすごいと感じた。練習量を上げていかないといけない」と気を引き締めた。

 ドラフト会議で3球団の競合の末に奥川の当たりくじを引いた高津監督は「学生服だったけど、体格は18歳にしては素晴らしい。スワローズのユニホームを着てマウンドに立っている姿を早く見たい」とうれしそうに話した。

 明治神宮大会に出場するために欠席したドラフト4位の大西広樹投手(大商大)を含め、新人6選手は1月から合同自主トレーニングに臨む。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ