鹿島「決めるべき時に決めないと」 首位陥落に唇かむ

 鹿島は、7本だった川崎の2倍近い12本のシュートを放ちながら無得点。逆に2点を許し完敗した。

 後半6分にはセルジーニョが相手ゴールに流し込むだけでいい決定機を逃すなど、自滅した感は否めなかった。大岩監督は「決めるべき時に決めないと痛い目に遭う」と唇をかんだ。

 リーグ戦では10試合ぶりの黒星。首位から3位に後退した。主将の内田は「シーズンの最後にどこにいるかが重要」と前を向いた。残り3試合。白星を重ねるしかない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ