ラグビーW杯 日本-スコットランド戦 台風翌日の実施でなされた尽力

 ラグビーの第9回ワールドカップ(W杯)日本大会が11月2日、閉幕した。日本代表初の決勝トーナメント進出、ニュージーランドの準決勝での完敗、南アフリカの優勝…。さまざまなドラマをみせてくれた44日間のスポーツイベントを支えたのは、大会組織委員会やボランティアの人たちの奮闘だ。中でも私の印象に残ったのは、台風19号上陸翌日の10月13日、各地に大きな被害が出る中でも日本-スコットランド戦を実施したことだった。あのとき、組織委ではどんな議論がなされ、どう判断が下されたのか。その経緯を追った。(運動部 久保まりな)

 10月13日午後7時45分、横浜・日産スタジアムでの日本-スコットランドの一戦は、黙祷(もくとう)から始まった。全国で大きな被害をもたらした台風19号の犠牲者を追悼するためだ。試合は決勝トーナメント進出が懸かった大一番。日本が28-21で勝利し、史上初の8強入りを決めた。試合後、稲垣啓太は「台風によって被災した方々に、ラグビーで元気を取り戻してもらいたい。そういう気持ちで取り組みました」と語り、日本中に明るいニュースを届けた。

 台風の影響で、前日に同会場で予定されていたイングランド-フランスは中止に。日本-スコットランドも中止になる可能性はあった。中止になれば引き分け扱いとなって両チームに勝ち点2が与えられ、日本は決勝トーナメント進出が、スコットランドは1次リーグ敗退が決まる状況だった。

 そんな中、日本はスコットランドをプレーで退け、“正々堂々と”準々決勝進出を決めた。

 この試合の実施の可否が決まったのは、試合開始の約9時間前だった。10月12日の2試合と、13日の岩手県釜石市での試合が中止になる中、組織委と国際統括団体ワールドラグビー(WR)はぎりぎりまで頭を悩ませた。

 主に議論されたのは、(1)会場が使えるか(2)横浜市の被害状況がどうか(3)交通手段は確保できるか。前日夜から組織委スタッフが会場近くに泊まり込み、当日は早朝から、ピッチやゴールポストが壊れていないかなどを確認して回った。水がたまっているところがあれば掻きだし、ピッチ上の水たまりは、大きなスポンジで地道に吸い、試合ができる状態に整えた。

 交通機関は午後には動く見込みとの情報を仕入れ、観客の移動・安全は確保できると判断。飲食販売スタッフが来られないことも見越して、ソフトドリンクの飲料に限って持ち込みを可とした。さまざまな策を講じ、「GOサイン」を出したのは午前10時半すぎだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ