阪神・熊谷、休日返上でバント100球

 阪神秋季C(8日、安芸タイガース球場)阪神は8日、高知・安芸での秋季キャンプ休日。熊谷敬宥内野手(23)が休日返上で安芸ドーム内で自主練習をした。前日7日のケース打撃では2打席ともバントミス。その反省からマシンでバント練習に励んだ。同じく馬場皐輔投手(24)、石井将希投手(24)、片山雄哉捕手(25)、福永春吾投手(25)の4選手も汗を流した。

 コツン。コツン-。静かなドーム内でバントの打球音だけが響いた。熊谷が休日返上で、自らの課題と向き合った。

 「バント、バスターエンドランとかは僕が絶対にできないといけない。しっかり昨日の反省を生かしながらどういうバントがいいのかというのを考えてできた」

 前日7日のケース打撃では、2打席ともバントのサインが出されたが失敗。練習直後に江越、木浪とともに矢野監督から呼び出され、指導を受けた。その反省から約30分間マシンで打撃練習。そのうち100球をバントの練習にあてた。

 「自分が何でチームに貢献できるかって考えたら、バントだったりとか小技系をしっかり決めていかないとチームには貢献できない」。2年目の今季は1軍戦出場はなし。来季こそ飛躍の一年にするため、できることを磨いてアピールしていく。(織原祥平)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ