清原氏、『ワールド・トライアウト』監督始動!薬物治療も激白「必死で頑張っている」

 西武、巨人、オリックスで通算525本塁打を記録した元プロ野球選手の清原和博氏(52)が7日、横浜市で行われた「ワールド・トライアウト2019」を監督として視察した。2016年5月に覚せい剤取締法違反罪で懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けてから球場で仕事をするのは初めてで、薬物依存からの脱却を目指す現状についても激白。PL学園高の後輩にも対面し、球界復帰へ、確かな一歩を刻んだ。

 2016年2月2日に覚せい剤取締法違反で逮捕されてから、1374日。清原氏がグラウンドに帰ってきた。サーティーフォー保土ケ谷球場の黒土を踏みしめると、ラストチャンスに懸ける選手たちに訓示した。

 「きょうはみなさんの姿を見にきました。プロ野球選手になることを夢見て、やってきたと思います。きょうはそのチャンスがあります。精いっぱい悔いのないようにプレーしてください」

 平日にもかかわらず、スタンドには約300人のファンが集まった。『清原監督~!』『清原、頑張れ~!』と大歓声が耳に届いた。

 16年5月から4年間の執行猶予中。今は薬物依存からの脱却を目指している。前日6日には覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で、元タレント・田代まさし容疑者が現行犯逮捕された。覚醒剤事件の再犯率は高く、報道陣からこの件で質問が出ると、神妙な面持ちで語り始めた。

 「自分は今、病院の治療とグループミーティングに参加しています。3年半、一度も休んだことはありませんし、毎回尿検査も受けている。薬物に対しては自分なりに必死で頑張っています」

 3月には厚生労働省主催のイベントに参加。球界復帰への一歩を踏み出したこの日も、薬物との決別を誓った。

 うれしい出会いがあった。トライアウトにPL学園高の後輩が参加していたのだ。同校から立正大に進み、今年はBCリーグ・石川でプレーした岡本仁捕手(25)は、ベンチ裏であいさつをしてくれた。

 「わざわざ控室にあいさつに来てもらって、PLの伝統が守られているんだなと感じました」

 高校時代は桑田との「KKコンビ」で甲子園で2度優勝。母校の野球部は休部となっているが、野球を続ける後輩の“PL魂”に胸が熱くなった。

 今月17日には、沖縄で2学年下の元中日・立浪和義氏らと「FM沖縄開局35周年記念ドリームマッチ」に出場予定。12月1日には八王子市で元横浜・野村弘樹氏や元ヤクルト・宮本慎也氏らと野球教室に参加する。PLの後輩たちが復帰への後押しをしてくれている。

 監督としての初仕事を終え、「未来の野球界を背負う選手たちを一人でも多く、NPBや世界に羽ばたく選手を送り出したいと思います」と熱弁。野球界復帰へ、清原氏の再チャレンジが始まった。 (樋口航)

 ◆清原氏にあいさつし、選考試合で3打数2安打2打点の前BCリーグ石川・岡本 「(清原は)一番の憧れ。野球で緊張することはないが、今日は人生で一番緊張した」

★PL学園高時代の清原

 1年春から4番を任され、1983年夏から5季連続で甲子園に出場。1年夏の決勝で初本塁打を放ち、優勝に導いた。2年時は春夏連続で準優勝。3年春は4強で、夏は準々決勝から3戦5発。決勝では2打席連続本塁打を放ち、エースの桑田とともに優勝の原動力となった。甲子園通算26試合に出場して打率・440、29打点、13本塁打は史上最多。高校通算64本塁打をマークした。

★清原氏の近年の動向

 ◆2016年2月2日 警視庁が東京・港区の自宅マンションを家宅捜索し、覚醒剤所持の容疑で現行犯逮捕。

 ◆同3月17日 警視庁本部に拘留され、保釈保証金500万円を納付し保釈。医療施設に入院した。

 ◆同5月17日 東京地裁で初公判が行われ、野球評論家の佐々木主浩氏が弁護側の証人として出廷。

 ◆同5月31日 東京地検に所持と使用、譲り受けの罪で起訴され、懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けた。

 ◆18年8月21日 甲子園で行われた第100回全国高校野球選手権大会の決勝を観戦。

 ◆今年3月6日 東京・銀座で厚生労働省主催の『誤解だらけの“依存症” in東京』にゲスト出演。

 ◆同10月30日 「ワールド・トライアウト2019」の発表会見に出席。監督を務めることが正式発表された。

■ワールド・トライアウト

 戦力外になった元NPB選手や高卒以上のアマチュア選手、米マイナーリーガーを対象に行う公開トライアウト。国内の独立リーグなどから42選手が参加した予選会に続き、海外選手を加えた約40選手が30日に神宮球場で試合形式の本選を行う。東大野球部出身の加治佐平氏が代表取締役CEO、日本ハム、阪神などでプレーした田中聡氏が取締役COOを務める株式会社WorldTryoutが運営。プロ野球が2001年から開催している12球団合同トライアウト(12日、大阪・舞洲)とは別イベントで今回が初開催。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ