侍Jプレミア12で連勝! SB高橋礼の快投をファン絶賛「見てて気持ちよかった」 3ラン鈴木にも「カープの4番は侍でもヒーロー」の声

 野球の東京五輪予選を兼ねた国際大会「第2回プレミア12」の1次ラウンドB組の2試合が6日、行われ、日本がプエルトリコを4-0で下して開幕2連勝を飾り、2次ラウンド進出を決めた。この日のヒーローは先発の高橋礼投手(24)=ソフトバンク=と、4番の鈴木誠也(25)=広島=。投打の柱の活躍はネットでも大きな話題となり、同日、「高橋礼」と「鈴木誠也」がツイッターのトレンドに入った。

 この日、高橋は圧巻の投球を披露。強豪のプエルトリコ打線を相手に6回1安打無失点の快投を見せた。そのピッチングをファンがSNSで絶賛。ツイッターには「高橋礼投手の完璧な投球!やっぱ変則投球の投手はロマンがあります!」「アンダースローかっこいい」「礼くん素敵すぎた…さすがのテンポの速さやったし、5回まで完璧で見てて気持ちよかった!95年生まれの誇り」などのコメントが並んだ。

 打の主役は鈴木だ。三回、1点を先制してなお2死一、三塁という場面で打席に立った鈴木は甘く入った直球を逃さず、左翼席中段に3ランを突き刺した。鈴木の活躍をファンはSNS上で「さすが、カープの4番は侍でもヒーロー」「完璧でとても気持ちいいホームランでしたね」「さあ~広島のヒーローから日本のヒーローだ!頑張れカープの侍!」と喜んだ。

 日本は、7日に同じく2連勝で1次ラウンド突破を決めた台湾と1位通過を懸けて対戦する。ネットではファンも「台湾戦に勝って良い状態で日本へ帰りたいですね」「今日の台湾戦が大事。勝って1位通過しないとね」「3連勝で1位通過だー!」と意気込んでいる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ