「FA人的補償撤廃を」G原監督の考えにネットは賛否 「大賛成」「下位球団救済のシステムは絶対必要」

 プロ野球・巨人の原辰徳監督(61)が4日、フリーエージェント(FA)の補償制度に対して異議を唱えた。その内容がネットでも大きな話題になり、ファンの間で賛否が分かれている。

 FAで選手を獲得した場合、当該選手の前所属球団での年俸ランクによっては、前所属球団がプロテクト外の選手を1人獲得できる「人的補償」が発生するが、原監督はこれが制度活性化の妨げになっている可能性を主張。人的補償の撤廃、または現行28人のプロテクト枠の拡大などの案を示した。サンケイスポーツによると、原監督は「FAで選手を取るというのは、野球界全体の活性化。それはマイナスでなく、プラスなこと。明るい話なのに、そのこと(人的補償)になった途端、暗いニュースになる。これはあってはいけないことですよ」などと述べたという。

 現行のFA制度では、前所属球団の日本選手で年俸上位1~3位(Aランク)か、同4~10位(Bランク)であれば人的補償が発生する。前所属球団に旧年俸の50%(Bランクは40%)を払うだけでなく、プロテクト外の選手を1人放出しなければならない(前所属球団が人的補償を希望しない場合は金銭補償を増額)。

 プロテクトできるのは1軍登録枠の「29」を下回る28選手で、補強に成功しても現有戦力を守りきれない状況に「(プロテクトリスト作成は)本当につらい作業。本当は(人的補償を)撤廃してほしいけど、(プロテクトの)枠をもっと広げないといけない」と原監督。報道陣からの「人的補償に代えて補償金額を増やすのは?」という声には「それなら納得がいく」と理解を示したという。

 原監督の考えはネットでも大きな関心を集め、5日、「人的補償」がツイッターでトレンド入り。ヤフーのリアルタイム検索でも同日、一時トップに立つ勢いを見せ、この話題について多くのファンがそれぞれの思いを書き込んだ。

 ツイッターには「見てる側からすれば、移籍が活発になるきっかけになるのであれば、良しです」「この提言は大賛成です!!折角の選手の権利なのに、被害を被る選手が出てくるのは制度としてはおかしい!!せめて金銭補償にすべき!!」といった賛成派の声。「賛成だけど、何らかの補償は必要」という意見も多く、サッカー界のように「人的補償はなくていいと思う。ただ、移籍金に関しては年俸の何割とかじゃなくてもっと払うべき」などの投稿もあった。

 また「人的補償は、なかなか出番に恵まれない若手にとっては、良い方に転がることも多いから、完全に否定はできないけど、原監督がわざわざ持ち出したのは、色々と議論して欲しいからじゃないかなぁ。巨人から言い出したら叩かれるのわかってるはずだからね」というように原監督の思惑を感じ取ったうえで、擁護するファンもいた。

 もちろんこの考えに反対するファンも多い。ツイッターには「言ってることは分かる。でもFAで移籍した選手の穴を埋められないチームもあるし人的補償は仕方ないと思う」や「人的補償はいるだろう。あるから面白いんじゃないか。 プロテクト枠も今のままで良い。セ・リーグが弱いのは優秀なコーチではなくコーチが球団OBだから」といった指摘も。

 また条件付きで人的補償をなくすことを提案するファンも目立つ。SNSにはメジャーのように、FAで選手を獲得した球団はドラフト上位指名権を相手球団に譲渡するシステムについて触れるものが多く、「Aランクで1位、Bランクで3位の指名権譲渡。Cランクは人的補償ないから、指名権譲渡もなしで」といった書き込みも散見された。

 昨オフ、巨人は広島から丸、西武から炭谷を獲得した一方で、人的補償で長野(広島)、内海(西武)という投打の人気選手を失い、人的補償が注目を集めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ