巨人・原監督、FA人的補償撤廃を 「セDH制導入」に続き球界改革案

 巨人・原辰徳監督(61)が4日、フリーエージェント(FA)の補償制度に対して異議を唱えた。FAで選手を獲得した場合、年俸によっては前所属球団がプロテクト外の選手を1人獲得できる「人的補償」が、制度活性の妨げになっている可能性も主張。人的補償の撤廃、または現行28人のプロテクト枠の拡大などの案を示した。

 球界発展のための一石を投じた。ジャイアンツ球場で秋季宮崎キャンプ前最後の全体練習を見守った原監督は、FA制度における人的補償について持論を展開した。

 「FAで選手を取るというのは、野球界全体の活性化。それはマイナスでなく、プラスなこと。明るい話なのに、そのこと(人的補償)になった途端、暗いニュースになる。これはあってはいけないことですよ」

 実績を積んだ選手に与えられるFA権。球団は選手を高く評価し、時には争奪戦を勝ち抜いて選手を獲得できる一方、“犠牲”もついて回る。

 FAで選手を獲得した場合、その選手が前所属球団の日本選手で年俸上位1~3位(Aランク)か同4~10位(Bランク)であれば人的補償が発生。移籍元の球団に旧年俸の50%(Bランクは40%)を払うだけでなく、プロテクト外の選手を1人放出しなければならない。

 プロテクトできるのは1軍登録枠の「29」を下回る28選手。補強に成功しても現有戦力を守りきれない状況に、原監督は「(プロテクトリスト作成は)本当につらい作業。本当は(人的補償を)撤廃してほしいけど、(プロテクトの)枠をもっと広げないといけない」と再考を訴えた。報道陣の「人的補償に代えて補償金額を増やすのは?」という案を聞くと、「それなら納得がいく」と理解を示した。

 原監督が復帰した昨オフ、巨人は広島から丸、西武から炭谷を獲得した一方で、人的補償で長野(広島)、内海(西武)という投打の人気選手を失った。指揮官は「残念。ルール上、仕方がない。勝負の世界は足し算ばかりでない」と苦しい胸の内を吐露し、人的補償が注目を集めた。

 米大リーグでは在籍6年で自動的にFAとなり、人的補償の制度は存在しない。人的補償のリスクは、FA戦線に参戦する球団の減少、さらには移籍市場の衰退につながる恐れもある。今オフ、セ・リーグのDH制導入を唱えて反響を呼んだ原監督が、再びルール見直しの“リクエスト”を申し出た。 (谷川直之)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ