西武、FA福田と交渉一番乗り!渡辺GM解禁日に即ラブコール

 西武は3日、福岡市内のホテルで、国内フリーエージェント(FA)権を行使したソフトバンク・福田秀平外野手(30)と初交渉を行った。ヤクルト、中日、楽天など複数球団が興味を示す万能選手に対し、交渉解禁日に1番手でラブコール。4年総額5億円程度の大型契約を用意したとみられ、渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM、54)は“一番づくし”で熱意をアピールした。

 久しぶりのFA市場へ本格参戦した西武が、すべて一番乗りで誠意を示した。福岡に乗り込み、福田と初交渉した渡辺GMは「好青年ですね」とほほえむと、改めて本気度を強調した。

 「うちは(獲得に)いきますといったのも一番。だったら(交渉も)一番でないと。口説き文句とかではなく、どれだけ彼を必要としているかを誠実に伝えました」

 約40分、飯田球団本部長と福田の代理人も同席して膝をつき合わせた。「すべての能力が高い。監督をしていた頃から肌で感じていました」と絶賛。会話は弾み、福田から質問もあったという。

 「なぜ(西武は)けが人が少ないんですか?」

 今季は左脇腹を痛め、過去にも故障に泣いた30歳にとって興味深いポイント。西武は近年、トレーニングとメディカル部門を強化してきた。強みをアピールする絶好の機会になった。

 「メディカル面に強いと思ってもらうことを目指してきて、そう思ってくれたのはありがたい」と同GM。室内練習場や選手寮など、総工費180億円で改修中の新施設についても説明した。2軍も含めたすべての設備が同じ敷地にあるのが魅力だ。条件面では、ソフトバンクと同等の4年総額5億円程度を提示したとみられる。

 正中堅手の秋山が海外FA権を行使し、メジャーに挑戦することを表明しており、俊足巧打の福田はどうしても欲しい人材だ。FA選手を獲得できれば、16年2月にテスト入団した木村昇吾を除けば、07年オフの石井一久以来となる。

 「手応えは分かりません。ただ、しっかりわれわれの気持ちは伝えられたと思います」と渡辺GMは目を輝かせた。ソフトバンク、ヤクルト、中日、楽天、ロッテとの争奪戦が予想される中で、熱意を真っ先にアピールした。(安藤理)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ