巨人・原監督、美馬&大地獲り出撃宣言!FA戦線「参加するのがジャイアンツ」

 巨人・原辰徳監督(61)が2日、フリーエージェント(FA)市場への参戦を宣言した。この日、FA宣言選手がコミッショナーから公示され、3日に所属した球団以外との交渉が解禁される。巨人は楽天・美馬学投手(33)、ロッテ・鈴木大地内野手(30)の調査を進めており、ゴングが鳴ったFA戦線で今年も巨人が“主役”になる。

 慎重に言葉を選びながらも、口ぶりには自信が感じられた。秋晴れの空の下で行われたジャイアンツ球場での秋季練習後、原監督がFA戦士の獲得に打って出ることを明らかにした。

 「FAしたら参加するのがジャイアンツ。そうしないとFAが駄目になる。誰かは参戦する」

 具体的な対象選手こそ「名前を挙げちゃうとね」と明かさなかったが、このオフも積極的な補強に乗り出す考えを現場トップ自ら強調した。

 昨年は広島から丸、西武から炭谷の獲得に成功。FA戦線を大いに盛り上げ、5年ぶりのリーグ制覇につなげた。球団は、このオフに向けては先発投手と左打ちの内野手を補強ポイントに挙げており、大塚淳弘球団副代表編成担当(60)は楽天・美馬とロッテ・鈴木について「本格的に調査する」と明言している。

 この日、国内、海外合わせて全6選手がFA宣言選手として公示され、権利の行使を表明していた美馬、鈴木も名を連ねた。3日には交渉も解禁され、いよいよ巨人も獲得に向けて本格的に動き出す見込みだ。

 規定投球回数に達して8勝を挙げた美馬は楽天が複数年の好条件を提示して慰留に努める他、ロッテ、ヤクルトも関心を示している。内野なら全ポジションを守れ、リーダーシップも併せ持つ鈴木は楽天、DeNA、中日が調査しており、ロッテも宣言残留を認める方針。いずれも争奪戦となるのは必至だが、この原監督の“参戦宣言”が及ぼす影響も注目される。

 一方で、原監督の言葉には別の“意図”も込められている。今年は90人(セ47人、パ43人)がFAの資格を持ちながら、1993年のFA制度導入後、初めてセ・リーグの選手が権利を行使しなかった。

 話題になったセ・リーグへのDH制導入など、日頃から野球人口の拡大、球界の発展に向けて、さまざまな角度から提言を行う指揮官は、プロ野球の魅力の一つとして移籍市場の活性化に思いを巡らせる。「FAで手を挙げたら、価値ある人に話をしていくのは大事なこと。選手、ルールへの感謝と敬意」と原監督。だからこそ「FAしたら参加するのがジャイアンツ」と胸を張って言い切れる。

 日本シリーズではソフトバンクに4戦全敗と辛酸をなめた。8年ぶりの日本一奪回へ、巨人は必要なピースを獲得するため、今年も積極的に動く。(伊藤昇)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ