宇野8位、チェン連勝 フィギュア仏杯最終日

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、フランス杯最終日は2日、フランスのグルノーブルで行われ、男子ショートプログラム(SP)4位の宇野昌磨(トヨタ自動車)はフリーもジャンプの転倒が相次いで136・79点の9位と振るわず、合計215・84点の8位に終わった。ファイナルを含むシニアGP13戦目で初めて表彰台を逃した。

 世界選手権2連覇中のネーサン・チェン(米国)がSPに続いてフリーも1位の合計297・16点で第1戦のスケートアメリカに続いてGP2連勝を果たし、シリーズ上位6人で争われるファイナル(12月5~7日・トリノ)進出を決めた。

 両親が日本人で昨季の世界ジュニア選手権王者の樋渡知樹(米国)はSP10位からフリー4位と巻き返し、合計227・43点で5位だった。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ