ラグビー日本代表は“実質2位”? 南ア優勝でツイッター上は大論争!

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の決勝が行われ、南アフリカが3大会ぶり3度目の優勝を果たした2日、ツイッター上で「実質2位」なるワードが微妙な広がりを見せた。

 今大会、日本代表は史上初めてベスト8に進出する大躍進を見せた。1次リーグでアイルランド、スコットランドといった強豪に勝利するなど、4戦全勝で準々決勝に勝ち進んだ。

 その日本代表が唯一、敗れた相手が準々決勝で対戦した南アフリカ。最終的なスコアは3-26と開いたが、前半は3-5と接戦を演じた。ちなみに、この日の決勝の前半は、南アフリカがイングランドに対して12-6と6点をリードして折り返し、32-12で勝った。

 ツイッターには、ネタのような感じで「南アおめ~~これは日本実質2位みたいなもん」「と、いうことは日本は実質2位ですわなぁ~」「そう、みんなも思ってるようにワタクシは日本は実質2位でわと思ってます」といったコメントが続々と投稿された。

 こうした書き込みに対して、異議を唱える投稿も多数、寄せられた。

 「#実質2位 って他のチームに失礼だし単純に南アが強かったでよくない? なんでそーなるのかな日本人」

 「実質2位はニュージーランドには勝ったイングランドだよ」

 「南アフリカにしか負けてない日本が実質2位なら、南アフリカに勝ったニュージーランドは実質優勝なんか?違うだろ」

 「南アフリカが優勝したのは素晴らしいが、対戦したイングランドに敬意を表せないのか!? 日本、実質2位とかツイートしてる人、バカなん?? 言語能力低すぎるわ!」

 ノリの違いからか、ツイートはあまりかみ合っていなかったが、「実質2位ってやつにマジレスしてるやつなんなの笑」「実質2位って言ったっていいやん。日本のプレーもそれほど素晴らしかったってことやろ。そんなことで目くじら立てんなや」というように、“熱さ”から距離を置いた投稿も。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ