お辞儀したIOC幹部に小池知事が一言…緊迫の4者協議

 2020年東京五輪のマラソンと競歩の会場変更を巡り、1日に都内で開かれた4者協議では、国際オリンピック委員会(IOC)側にはかなり気遣いが見えた。IOCのジョン・コーツ調整委員長が一番先に会場入りすると、小池百合子知事に会うなり、握手をしながら深々とお辞儀をしてみせた。

 「スピーチしてもいいんですか、それともイエスと言えばいいんですか」。司会役であるコーツ氏から最初にコメントを求められた小池知事は英語でこう切り返し、会場に緊張が走った。

 協議の冒頭、出席者には「競技会場変更の権限はIOCにある」などと書かれた1枚の紙が配られた。その前日の実務者会合で合意した条件で、既に小池知事の外堀は埋まっていた。

 コーツ氏に促され、橋本聖子五輪相、組織委の森喜朗会長らが次々と札幌開催に前向きな姿勢を示す。小池知事は終始うつむき加減だった。

 協議終盤には「一つ付け加えたい」と小池知事。「7、8月の五輪開催は北半球の都市どこでも過酷になる。アスリートファーストであるならばよく考える必要がある」と発言した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ