山県亮太「メンタル強くなった」 五輪シーズンでの巻き返し誓う/陸上

 陸上男子短距離の山県亮太(セイコー)が1日、米国合宿への出発を前に成田空港で取材に応じ、2020年東京五輪シーズンに向けて「大一番が迫っている。結果を出すために全力を尽くすだけ」と決意を込めた。

 テニス男子の錦織圭(日清食品)が拠点を置くフロリダ州のIMGアカデミーでの合宿で、年末の一時帰国をはさみ約5カ月の長期日程となる。度重なるけがに苦しんだ19年は、レースの出場はおろかトレーニングもままならない時期もあり、体重がベストの70キロ台中盤から5キロほど落ちたという。

 けがに泣いたことで、より自身の体に向き合い、入念なケアを施すようになったという。五輪シーズンでの巻き返しに向けて「多少メンタルは強くなった。20年にどうなっていたいかを心の真ん中において、全てがその経験のためだったと思えるように」と表情を引き締めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ