荻野、ロッテ残留を表明 国内FA権を行使せず

 ロッテの荻野貴司外野手(34)が31日、ZOZOマリンスタジアムで取材に応じ、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず残留すると表明した。「お世話になったロッテに恩返ししたい。まだまだロッテでやることが残っている」と語った。

 奈良・郡山高から関学大、トヨタ自動車を経て2010年にドラフト1位で入団。度重なる故障に苦しんだが、10年目の今季初めて規定打席をクリアし、打率3割1分5厘、10本塁打、46打点、28盗塁をマークした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ