東京都、マラソン開催地変更案に孤軍奮闘 札幌も暑さに難

 来年開催される東京五輪の大きな転換点となるのか。30日、東京都内で始まった国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会の合同会議では、マラソンと競歩の札幌変更案を何とか阻止したい都の確固たる意志が明確になった。しかし、国や大会組織委員会からの援護はなく、「ワンチームで」と訴える小池百合子都知事の掛け声がむなしく響いた。札幌案を覆すのは難しいとみられるが、札幌も暑さでは難があり、大会の成功は約束されていない。

 ■知事の孤軍奮闘

 緊張感が漂う会合だった。この日の調整委では、IOCのジョン・コーツ調整委員長が「札幌変更を決定した。東京都民の協力をたまわりたい。皆さまが受け入れ可能な形でどうやったらできるか整理したい」と口火を切った。

 一方、小池知事は英語と日本語を交互に使って真っ向から反論した。

 「(東京開催に向けて準備を進めてきた)選手や地元の人の気持ちをないがしろにはできない。ワンチームで大会を成功させたいという強い思いは、この場におられる皆さんの共通の思いだ」と述べ、コーツ氏側をにらみつけるような視線を送った。

 組織委の森喜朗会長は「選手への健康の配慮という観点でIOCの気持ちも重々わかる」と札幌案に理解を示す。同席した橋本聖子五輪相は立場を明らかにせず、小池知事の孤軍奮闘ばかりが目立った。

 ■振り回される都

 IOCの“強硬姿勢”は先週にもみられた。

 「なぜ謝罪する必要がある? アスリートのためだ!」。25日の小池知事との会談後、謝罪はしたのかと質問した記者に対し、コーツ氏は語気を荒らげた。

 選手の健康を守るのは大前提とはいえ、開催都市をないがしろにする態度に都側は辟易(へきえき)している。

 IOCに抗議文を提出する予定という都議会の石川良一議長は29日、組織委を訪れ、「暑さ対策でだいぶお金も投入してきて、突然札幌案が出されて青天の霹靂(へきれき)だ。今までの説明ではとても納得できない」と述べた。

 都関係者によると、IOCが16日に札幌案を公表した後、すぐさま対案を検討した。マラソンの開始時間を午前6時からさらに繰り上げ、午前5時以前の「未明」とする案、さらに競歩についても日陰を多く通るルート変更案も浮上した。

 しかしマラソン開始時間の未明案に対しては、コーツ氏は「取材のヘリコプターが飛べない」などと一顧だにしなかった。東京に維持する可能性を問われても、「ノー」と大きく首を振った。

 ■真夏日8日間

 ただ、札幌が東京より暑さ回避の点で最良とはいえない現実もある。

 確かに、過去30年の8月の最高気温の平均を見ると、札幌は26・4度で、東京の30・8度と比べて4度以上も低い。ただ、年によっては酷暑が見られる。

 女子マラソンが開催される8月2日では、札幌の最高気温は今年34・2度で、東京の35・1度とそれほど変わらない暑さだ。

 今年8月の1カ月間、最高気温が30度以上の真夏日は8日間ある。湿度も東京とそれほど変わらず、札幌の8月は平均湿度が80%以上の日が12日間あった。

 札幌市消防局によると、今年8月の熱中症疑いによる救急搬送は127人(速報値)。都幹部は「IOCは東京と札幌を正確に比較して札幌案を出したのか疑わしい。札幌でも熱中症リスクは存在する」と話している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ