ロッテ・益田、FA行使せず残留 『残ってほしい』ネットの声が心を動かした

 ロッテ・益田直也投手(30)が30日、ZOZOマリンスタジアムを訪れ、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず残留することを表明した。

 「私ごとですが、FA宣言せずに残留することを決めました。球団に伝えたのは、日本シリーズが終わって2日くらいしてから。そんなに考えることはないと思っていたんですけど、オフになっていろいろ考えて、いろんな人に話しました」

 揺れる心を動かしたのはなんと、残留を望むネット上のファンの声だった。「SNSとか、それ以外でも残ってほしいという声をたくさんいただいた。(ネット上の)記事にFAするかもしれないとか、他球団が調査しているとか出ていたときに、すごい数の反応がきていた。全部1つ1つ読ませていただいたんですけど、『残ってほしい』『必要だ』とみんなが書いてくれていたのでうれしかった」。8年間支えてくれたファンの熱い声に、心を打たれた。

 人生最大の決断-。悩みに悩んだが「みんながいう、他球団の評価を聞いてみたいという思いも一野球選手としてあった。でも、プロ入ってからいろいろ経験して、ここからの3年間がプロ野球選手として一番ピークを持っていけると思う。その3年間を他チームにいくのではなく、この3年間にかけてロッテで優勝したいと思った」と、入団以来一度も味わっていない歓喜のときを、愛着のあるチームで目指すことを選んだ。

 今季は故障の内に代わり1年を通して守護神として、60試合に登板し27セーブを挙げた。「最後までいい試合ができた。ですが、来年は3位争いではなく優勝争いがしたい。今季はマリンで最後に、目の前でパ・リーグの優勝を見た。あんな思いはしたくないし、最後まで野球ができるように頑張りたい」と益田。“生涯ロッテ”を明言し、悲願の瞬間を目指して来季もマリンスタジアムのマウンドに上がる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ