DeNA筒香メジャー挑戦も…ネットはシビア 「現実は相当厳しいはず」

 プロ野球・DeNAの筒香嘉智外野手(27)が29日、ポスティングシステム(入札制度)を利用しての米大リーグ挑戦を正式に表明した。2017年の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本の4番を務めた日本の主砲。筒香のチャレンジにネットではさまざまな意見が上がっている。

 横浜市内のホテルで記者会見し「メジャーリーグ挑戦を決断しました。いいときも悪いときもファンの温かい声援で今がある。10年間ありがとうございました」と感謝の言葉を並べた筒香。名門、神奈川・横浜高から2010年にドラフト1位で入団し、16年には本塁打王と打点王の2冠に輝いた。大リーグについては「イチローさんや松井秀喜さんを見て小さい頃からの夢だった」といい、昨年の契約更改交渉で将来的なメジャー挑戦の意思を球団側にアピール。今季が終了した7日に三原一晃球団代表がポスティング制度の利用を容認する方針を明らかにしていた。

 SNSには「筒香頑張れー」「筒香!羽ばたいてくれ」「筒香メジャー挑戦か。楽しみだな」など、背中を押す声が殺到。「松井秀喜さん以来の大砲としてメジャーでの日本人野手の評価をあげて欲しい!」というツイートに加え、「ぜひ成功を収めて、帰ってきたらベイスターズで引退というストーリーであってほしいね」といった気の早い書き込みも見られた。

 一方、今回の挑戦に対し、懐疑的な見方を示すユーザーも少なくない。ツイッターには「意欲は買うけど、現実は相当厳しいはず…」「日本でホームランを50本打った松井秀喜ですらメジャーでは30本打つのがやっとだったのに」といったコメントが目立ったほか、「筒香MLBでどれぐらいやれるだろう。希望は.270本20ぐらい。(中略)けど現実は.250本13ぐらいな気がする」「入札する球団があるだろうか?守備力と走力があれば入札額が低くてもあると思うが如何せん守備力と走力がMLBの標準に達しないだけに厳しい結果も十分ある」といったシビアな声も聞かれた。メジャー挑戦を通過点と考え、「イチローさんと松井さんが化け物なだけで、普通は下回る。ただ、ノリさん、新庄さんなど戻ってきたらパワーアップしていた選手は複数いるので、そういう意味ではあり」という意見もあった。

 ポスティング制度で筒香の米球団への移籍が成立すれば、横浜時代を含めてDeNAの選手としては初めてとなる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ