羽生、4回転の質アップへトルソワらを徹底研究「まだまだ気を引き締めないと」/フィギュア

 【ケロウナ(カナダ)27日(日本時間28日)】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダを自己ベストの得点で制した男子の羽生結弦(24)=ANA=が一夜明け、女子選手の4回転ジャンプを研究していることを改めて明かした。次戦のGPシリーズ第6戦・NHK杯(札幌)でネーサン・チェン(20)=米国=が持つ世界最高得点の更新へ、意気込みを示した。

 試合会場でこの日、行われたエキシビション。羽生は金メダルを獲得した2014年ソチ五輪のSP曲「パリの散歩道」を情感たっぷりに演じ、会場に詰めかけたファンをしびれさせた。

 「(一夜明けて)うれしいなとは思うけどまだ初戦。まだまだ気を引き締めないといけない」

 自己ベストを21・62点も更新する合計322・59点での優勝にも冷静だった。高難度のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)などに挑まず、ステップや表現力などを重視した今大会。GPシリーズ第1戦のスケートアメリカで優勝した昨季の世界王者、チェンの299・09点を大きく上回った。

 もちろん、現状に満足することなく高みを目指す。4回転ジャンプの質を高めるため、3種類の4回転ジャンプを操って今大会を制したアレクサンドラ・トルソワ(15)=ロシア=ら、女子のジャンプ映像を見て研究を積むという。「自分が線が細いというのもあるし、(女子のように)力を使わないで跳びたいという信念みたいなものがある」と説明した。

 次戦は11月22日開幕のNHK杯(札幌)。GP2連勝だけでなく、0・83点差まで迫ったチェンが持つ世界最高得点の更新が期待される。羽生は「(今大会は)ノーミスじゃないので。あと3、4点くらいはジャンプだけでも上げられるし、伸びしろはあると思います」と意気込んだ。

 「これからまた自信を持って、自分は羽生結弦なんだって言い聞かせながら練習したいなと思っています」

 周囲に惑わされることなく己の信じた道を進み、前人未到の世界へと足を踏み入れる。 (角かずみ)

★絶叫「ありがとうございました!」

 華やかなムードのエキシビションで、満員となった会場は羽生の一挙手一投足に大興奮。ジャンプは4回転トーループ、トリプルアクセル、3回転ルッツ-2回転トーループを跳び、観客は立ち上がって拍手を送った。羽生はリンクを去る際に「ありがとうございました!」と大声で叫び、深々とお辞儀をした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ