羽生、絶叫「勝ったー!」今季GP初戦で自己最高322・59点ぶっちぎりV/フィギュア

 フィギュアスケート・スケートカナダ最終日(26日=日本時間27日、カナダ・ケロウナ)グランプリ(GP)シリーズ第2戦。男子フリーが行われ、今季GPシリーズ初戦の羽生結弦(24)=ANA=が前日のショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位で自己ベストの合計322・59点で初優勝した。演技後半には4回転トーループ-オイラー(つなぎの1回転)-3回転フリップを世界で初めて着氷し、フリーも自己ベストの212・99点をマーク。2位のナム・ニュエン(21)=カナダ=に59・82点差をつける圧勝だった。

 左膝をついて右手でガッツポーズした羽生は、両手で氷をなでてから立ち上がって叫んだ。「勝ったー!!」。秋の深まるカナダ西部のケロウナ。雄大なオカナガン湖がのぞめる会場を、熱気の渦に包み込んだ。

 「ベリーグッド。久しぶりに心の中から自分に勝てたなと思える演技だった。スケートカナダで優勝したい気持ちがすごく強くあった」

 過去3度出場し、すべて2位だった今大会。2季連続で使用する演目「Origin」を情感たっぷりに舞った。練習から入念に確認してきた冒頭の4回転ループの着氷はこらえる形になったが、その後はほぼノーミスの演技。世界で初めて4回転トーループ-オイラー(つなぎの1回転)-3回転フリップの連続ジャンプを国際スケート連盟(ISU)公認大会で決め、このジャンプだけでルール改正後最高点となる20・90点を荒稼ぎした。

 自身のGPシリーズ初戦で、2位のナム・ニュエン(21)=カナダ=に59・82点差をつけて圧勝。ジンクスを打ち破り、「彼に負けたくないという気持ちも強くあった。特にスケートカナダだったんで。完璧とはいえないが、ハッピー」とGP通算11勝目(ファイナルを含む)に笑みを浮かべた。

 自己ベストとなる合計322・59点は、GPシリーズ第1戦のスケートアメリカで優勝した昨季の世界王者、ネーサン・チェン(20)=米国=の得点を23・5点も上回る。今大会は、クワッドアクセル(4回転半ジャンプ)など高難度のジャンプに挑まず、羽生らしい表現力や完成度を重視。複数の4回転ジャンプで勝負するチェンとは対照的だった。

 「自分も大人になったんだなという感じ。感情だけで動いてこられていた昔とは違って、ある程度抑えないと。ある程度抑えてキープして、良い感じにピークをもっていかないと駄目だなという壁がある」

 紅葉するケロウナで自信を深めたが、チェンの持つ世界最高得点(323・42点)まではあと0・83点及ばなかった。次戦は来月22日に札幌で開幕するGPシリーズ第6戦、NHK杯。さらに同シリーズの成績上位6人が出場するファイナル(12月5日開幕、トリノ)、年末の全日本選手権(東京)と戦いは続く。

 「最終的にはこのプログラムに(習得中の)クワッドアクセル(4回転半ジャンプ)を入れたいなと思っていますし、もしかしたらルッツを入れたいと思うかもしれない。練習をこなしながら、壁の向こうにいける何かをつかみたい」

 五輪王者はさらなる高みを追い求め、今度は日本のファンに唯一無二の演技を届ける。(角かずみ)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ