羽生、GP通算11勝目 紀平2位、トルソワ初V

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダ最終日は26日、ケロウナで行われ、男子は羽生結弦(ANA)が前日のショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位で自己ベストの合計322・59点で初優勝し、ファイナルを含むGP通算11勝目を挙げた。フリーで3種類の4回転ジャンプを計4度着氷し、自己ベストの212・99点をマークした。

 SP5位の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)がフリー3位となり、合計250・02点で3位。

 女子はSP首位の紀平梨花(関大KFSC)がフリー2位の148・98点、合計230・33点で2位となった。フリー冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の着氷が乱れたが、その後は3回転半-2回転トーループなどを決めた。

 15歳のアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)がSP3位からフリー1位の166・62点で逆転し、合計241・02点でGP初出場優勝。フリーと合計で自身の持つ世界最高得点を塗り替えた。本田真凜(JAL)は179・26点で6位だった。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ