羽生結弦、ぶっちぎりでスケートカナダ初V!田中刑事は3位/フィギュア

 フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダ(26日、ケロウナ)男子はショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(24)=ANA=が、フリーでも1位となる212・99点をマークし、合計322・59点で制した。田中刑事(24)=倉敷芸術科学大大学院=は250・02点で3位だった。 

 羽生は過去3度出場したこの大会はいずれも2位でミスが目立っていた。過去と決別するために臨み、SPは2位を約20点引き離し、自身の持つ世界最高得点の110・53に0・93点と迫った。

 フリーでは冒頭の4回転ループで着氷すると、続く4回転サルコー、3回転ルッツ、4回転トーループなど、完成度の高い演技を披露。2位に大差をつけて圧勝した。

 今大会はクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)や4回転ルッツへの挑戦をいったん棚上げした。思い入れの深い2季連続で滑る演目「秋によせて」で別格の輝きを放った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ