NBA衝撃デビュー! 八村いきなりのダブル・ダブルもファン「もっと活躍できるはず」

 米プロバスケットボールNBA、ウィザーズの八村塁選手(21)が23日(日本時間24日)、敵地・ダラスで行われたマーベリックスとの今季開幕戦で、日本選手として初の開幕戦先発出場を果たした。25分間の出場で14得点10リバウンド(0アシスト)という、こちらも日本選手初となるダブル・ダブルの活躍で、昨シーズン、グリズリーズの渡辺雄太が記録した日本選手1試合10得点を更新した。八村の圧巻デビューにネットも沸いた。

 第1クオーターの2分半すぎに初得点を挙げた八村はその後もジャンプシュートなどを決めて前半は8得点。後半もリバウンドを積み重ね、フィールドゴールは15本中7本を成功させた。SNSには「日本人が先発+ダブルダブルはすげえ」「いきなりダブルダブルか」「デビュー戦でダブルダブルすごいな~。その調子で頑張って下さいね!」などのコメントが殺到。一方、3本トライした3ポイントシュートがこの日は1本も決まらなかったことから、ツイッターには「14P-10Rのダブルダブル。今後の課題は3Pだな!」という書き込みも見られた。

 八村の衝撃デビューに夢を膨らませるユーザーも多数。ツイッターには「出場時間が伸びれば、もっといいスタッツが残せそう」「すごい。私たちの世代から見れば夢みたいなことが現実に起こってる。今日のプレータイムでこの成績ならもっともっと活躍できるはず!」「まだまだ上を期待したいね」などの投稿が並んだ。

 6月のドラフト会議で、日本人初の1巡目指名を受けた八村。この日の試合は終盤の追い上げも実らず、チームは100-108で敗れた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ