圧倒的戦力で3連覇も…ネット「日本一のソフトバンクより強いロッテ」

 プロ野球・日本シリーズ第4戦が23日、東京ドームで行われ、パ・リーグ2位から勝ち上がったソフトバンクが4-3で巨人に勝ち、無傷の4連勝でシリーズ制覇を果たした。4連勝での日本一は南海時代の1959年以来60年ぶり。クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第2戦から、破竹の10連勝という勢いで頂点に上り詰めた。ホークスの日本一はネットでも大きな話題となり、同日、ツイッターのトレンドを「日本一」「ソフトバンク」「ホークス」「sbhawks」「日本シリーズ」などの関連ワードが埋め尽くした。

 SNSには「日本一おめでとうございます。ホークス強し!」「負ける気がしない強さでしたね。 3年連続日本一も納得ですね~」「ホークス日本一おめでとうございます。新聞の一面がホークスだらけでテンションあがります」など、歓喜する鷹党のコメントが殺到。「ポストシーズンに入って怒涛の10連勝!とにかく強い!!(笑)まさに黄金時代の到来といっても過言ではないかもしれません」と多くのファンが喜びを爆発させた。

 一方、3連敗からの4連勝という、「平成元年の奇跡」の再現を目指した巨人。この日はエース菅野が約1カ月ぶりの1軍登板で6回1/3、6安打4失点(自責点3)、8奪三振という力投を見せたが、ソフトバンクの勢いを止めることができなかった。SNSには「巨人4連敗か。意地見せてほしかったなぁ」「さすがに4連敗はちょっと悲しい」「巨人4連敗でさすがに涙目」など、まさかの結果に終わったG党の力ない言葉が並んだ。

 圧倒的な戦力で3連覇を決めたソフトバンクだが、その力の差を指摘する声も多かった。SNSには「負けた。やはり4連敗。悔しさなど微塵もない。それくらい戦力差があった。巨人はまた来季仕切り直してくれ」「今回の日本シリーズの戦力差は歴然としてたな。共に資金源豊富な球団だけどソフトバンクの方が選手層がかなり厚かった」「セ・リーグのファンとしては、巨人に頑張ってもらいたかったけど、圧倒的な戦力差を感じました」といったコメントも目立った。

 今年のプロ野球はソフトバンクの3連覇で幕を閉じたが、ネットでは「ロッテ最強」というワードも話題になった。今季のペナントレースで、ソフトバンクに唯一勝ち越したのがロッテ。戦績も17勝8敗という立派なもので、ツイッターには「ソフバンに勝ち越したロッテはマジすげい」「日本一になったソフトバンクにシーズン勝ち越してるロッテは世界一ですよ!」「ロッテはソフトバンクに大きく勝ち越してるから、日本一のソフトバンクより強いロッテ、と言う式が成り立ったw」というロッテファンの書き込みが見られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ