リーチ「HCがワンチームを作り上げた」日本代表が会見/ラグビーW杯

 ラグビー・ワールドカップ日本大会で初の8強入りを果たし、準々決勝で敗退した日本代表が21日、東京都内で会見した。

 世界ランキング6位の日本は前夜、東京・味の素スタジアムで同4位の南アフリカに3-26で敗れ、終戦となった。

 4強入りは逃したが、1次リーグでは優勝候補アイルランドを撃破、前回大会で敗れたスコットランドにも勝利し、4戦全勝で初の決勝トーナメント進出。桜のジャージー軍団の快進撃は列島を熱狂させた。

 「チームは3年間必死にトレーニングを続けてきた。今年は今まで以上に努力を重ね、いい状態でベスト8を目指すことができた」とジョセフHC。

 悲願の8強入りを果たした今大会について「W杯を誇らしく戦うことができたと思います」と充実感をにじませ、ファンや国民に「皆様の応援なくしては達成することはできなかった」と感謝。また、コーチや関係者のサポートがあったことを強調した。

 主将FLリーチ・マイケル(31)=東芝=は「このチームの主将をやっていて誇りに思う。ベスト8になれたことはすごくうれしい」とコメント。「そのためにいろんな犠牲を払ってきた。今後についてはしっかり考えていきたいと思う」と述べた。

 8強入りの要因については「ジェイミーHCがワンチームを作り上げたこと」とし、今後の目標については「ずっと強いまま継続することが大事。日本のファンが増えてきて、もう一度日本のファンが感動できる試合を続けていけたら」と誓った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ