巨人・鈴木外野守備走塁コーチが退団「一身上の都合」

 巨人は16日、鈴木尚広外野守備走塁コーチ(41)から「一身上の都合」を理由に退団の申し入れがあり、了承したと発表した。19日からソフトバンクとの日本シリーズを控える中での退団となった。

 鈴木コーチは現役時代、巨人一筋20年で通算228盗塁を記録し「走塁のスペシャリスト」と称された。野球解説者などを経て、今季からコーチに就任し、走塁指導に注力していた。

 デイリー新潮はこの日、同コーチの女性問題を報じた。

 一方、球団は村田修一ファーム打撃兼内野守備コーチ(39)が1軍打撃コーチに昇格することを発表。鈴木コーチがシーズン中を通して務めていた一塁ベースコーチは、後藤孝志打撃兼外野守備コーチ(50)に決定した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ