阪神・藤浪に復活の兆し! 元中日・山本昌氏、臨時コーチ就任で虎党「相談相手になってやって下さい」

 プロ野球・阪神の藤浪晋太郎投手(25)が14日、サンマリンスタジアム(宮崎)で行われたフェニックスリーグの巨人戦に2番手で登板。1回を無安打無失点に抑え、今季課題としていた右打者への制球も乱れることなく、真っ直ぐの最速は158キロを記録した。クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージで宿敵巨人に敗れ、日本シリーズ進出を逃した阪神。ファンの間では、阪神優勝には藤浪の復活が不可欠という声が根強く、この日の快投に虎党がネットで沸き立った。

 この日の藤浪は宮崎で3度目の登板となり、1回をパーフェクトに抑えた。2-0の六回、先発・呂からバトンを受け、先頭の村上を直球で2ストライクと追い込むと、鋭い変化球で空振り三振。続く湯浅も直球で二ゴロにしとめ、立岡には2球続けてこの日最速の158キロを計測した。最後も威力のある真っ直ぐで二ゴロに抑えた。

 SNSには「藤浪復活の兆しはうれしい、がんばれ」というファンの書き込みをはじめ、「復活してくれ藤浪、ほんと応援してる」と願う声や「正直、藤浪の復活が阪神の復活だと思ってます」といった投稿が見られた。

 一方、阪神が秋季キャンプの臨時コーチとして、元中日で通算219勝を挙げた山本昌氏(54)を招へいすることが分かった。矢野監督から直接オファーを受けて実現したもので、サンケイスポーツによると、山本氏は「迷いっていうところはすごく感じるところ。僕の考えなんかもね、伝えて、試すといってくれたら一緒に試したり…」なとど述べ、藤浪復活へ向けたサポートを約束したという。

 プロ入り当初は制球難が目立ったという山本氏。1988年、留学先となった米フロリダ州ベロビーチを拠点にするドジャース傘下のマイナーチームでその後の代名詞となるスクリューボールを覚え、50歳まで現役を続けることができた。そんな背景があるだけに、多くのファンが藤浪再生に向けて山本氏に期待している。

 ツイッターには「昌さん藤浪を頼んます」「昌やん!よろしくお願いします」「晋太郎くんの相談相手になってやって下さい。復活のきっかけを掴んでくれたら」「山本昌まじで藤浪なんとかして欲しい」「昌さんが藤浪くんに付いてくれるのは心強い。個人的には大幅な路線変更とかではなく、新しいインスピレーションが貰えるものだといいなあと思ってます」といった虎党のコメントがズラリ。「藤浪晋太郎の復活こそが優勝への道筋なのだ」と訴えるファンもいた。

 また趣味のラジコンがプロ顔負けの腕前で、全日本大会で4位に入るほどの実力者として知られる山本氏。ツイッターには「藤浪さん来年ラジコン上手くなってたりして」とボケる書き込みもあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ