西武、国内FA取得の十亀が権利行使を視野 秋山は大型契約で流出阻止へ

 6月に国内フリーエージェント(FA)権を取得した西武・十亀剣投手(31)が権利行使を視野に入れていることが13日、分かった。

 2015年に11勝を挙げるなど通算51勝をマーク。ファイナルステージ敗退後、「球団の話を聞いてから、いろいろと考えないといけない」と話した。高津監督が就任したヤクルトが獲得調査を進めている。

 8月に海外FA権を取得した秋山翔吾外野手(31)は既に権利を行使してのメジャー挑戦を決断しているが、この日は「何とも言えない」と話すにとどめた。球団は5年総額25億円規模の大型契約も視野に、流出を阻止する構え。今後の秋山は11月開催の国際大会「プレミア12」に出場するため、21日に日本代表の宮崎合宿に合流する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ