山本がSP首位、宇野2位 フィンランディア杯

 フィギュアスケートのフィンランディア杯は11日、フィンランドのエスポーで開幕し、男子ショートプログラム(SP)で山本草太(中京大)がサルコーとトーループの2種類の4回転ジャンプに成功し、自己ベストの92・81点で首位に立った。宇野昌磨(トヨタ自動車)は4回転フリップや4回転-2回転の2連続トーループを跳び、92・28点で2位につけた。

 女子SPは横井ゆは菜(中京大)が出場。12日に男子フリー、13日に女子フリーが行われる。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ