中垣内ジャパン、ロンドン五輪金ロシア撃破で42年ぶりメダルに望み/バレー

 バレーボール男子ワールドカップ(W杯)第7日(10日、広島県立総合体育館)世界ランキング11位の日本が、世界5位でロンドン五輪金メダルのロシアを3-1で撃破。5勝2敗とし、42年ぶりのメダル獲得へ望みをつないだ。

 ロシアには2009年ワールドリーグ以来、10年ぶりの勝利で、W杯では初勝利となった。中垣内祐一監督(51)は、「みんなよかったが西田(有志)が本来の力を出してくれた。助走に力があった。彼の持ち味が出ていた」と絶賛。W杯3連勝は16年ぶりで4位につけた。「強いですね。よくがんばってくれている。1個1個勝っていくことが東京につながっていく」と気を引き締めていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ