錦織&大坂も観戦 ラプターズ-ロケッツ/NBA

 米バスケットボール、NBAのオープン戦「ジャパンゲームズ」最終戦は10日、さいたまスーパーアリーナで昨季覇者のラプターズと強豪のロケッツが対戦した。

 超満員となった館内は試合前のウオームアップで両チームの選手がダンクシュートやアリウープなどを決めるたび、「ウオーッ!!」というどよめきが起きるほどヒートアップした。

 ラプターズはイバカ、パウエル、アヌノビー、バンブリード、シアカムが、ロケッツはゴードン、タッカー、カペラ、ウエストブルック、ハーデンが先発した。

 第1クオーターはシアカムのアリウープでラプターズが先制。直後にロケッツはハーデンがドライブからシュートを決める。ロケッツは序盤からウエストブルックの3点シュートなどで優勢に試合を進め、徐々にリードを築いた。さらにウエストブルックやハーデンのパスでカペラがアリウープを決めるなどして差を開き、第1クオーターを30-23で終えた。

 会場には男子テニスの錦織圭(29)=日清食品、女子の大坂なおみ(21)=同=が観戦に訪れており、場内アナウンスで紹介されると大歓声が起きた。

 第2クオーターに入るとラプターズも調子を取り戻す。デービスの3点シュートなどで徐々に追い上げると、中盤にパウエル、バンブリードが連続して3点シュートを決めて43-43に追いつく。その後は1点を争う展開となったが、終盤にラプターズはパウエルの3点シュートなどで攻勢を掛け、63-55で前半を終えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ