世界に誇る“ハマスタのトイレ” 観客動員が増えている一因?

プロ野球実況中継

 クライマックスシリーズのファーストステージが終わりました。ニッポン放送では、セ・リーグのDeNA対阪神3連戦をハマスタ(横浜スタジアム)からお伝えしたのですが、いやはや長かった…。3試合とも9回で3時間50分以上でしたからね。

 ただ、実況アナとしてはリニューアルされたハマスタで助かったことがあります。この春に新設された放送席のすぐ近くにトイレができたんですよ。昨年までははるか離れた場所で、しかも客席を通らねばならず、70秒のコマーシャルの間に行くのはまるで無理だったんですが、いまの場所は切れのいい私(…すみません、嘘です)ならどうにか帰ってこられる! 実際に5日の実況中、1回だけ失礼させていただきました(汗)。

 ってなんだか、びろうな話で恐縮ですが、年々間隔が短く(!)なっている私にとっては死活問題なのです。ちなみにDeNAの南場智子オーナーは就任後すぐに、ハマスタのコンコースにあるトイレの改修に着手し、いまはすべてウォシュレット付き。これもまた女性を中心にハマスタの観客動員が増えている一因ではないでしょうか。

 来年は東京オリンピックで野球のメインスタジアムとなるハマスタ。フィールドの広さはともかく、トイレに関しては世界の皆さんに誇れる水準だと思います。あ、でも記者席の通路は狭すぎますね。あれじゃ身体の大きな欧米の記者さんは立ち往生するのでは??

 さぁ、セ・リーグのクライマックスシリーズは東京ドームでファイナルステージ。ちなみにドームのトイレは放送席からすっごく離れています(涙)。(フリーアナウンサー・松本秀夫)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ