【ラグビーW杯】1位通過や敗退決まる 中止に理解や無念も

 台風19号の接近のため、ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で10日、史上初の試合中止が決まった。12日の2試合が引き分け扱いとなり、当該チームは1次リーグ通過や敗退が決まって明暗が分かれた。日本-スコットランドなど13日の4試合は開催の方向で努力が続けられ、中止になった試合のチケット代は全額返金される。

 1次リーグC組のイングランドはフランス戦(横浜・日産スタジアム)がなくなり、同組トップの8強入りとなった。前日本代表ヘッドコーチのエディー・ジョーンズ監督は日本語で「しょうがない」と理解を示した。

 B組のイタリアはニュージーランド戦(愛知・豊田スタジアム)を戦えずに敗退が決まった。今大会限りで代表を引退するセルジオ・パリセ主将は「台風の季節というのは分かっていた。代替案を考えておくべきだった」と無念の表情だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ