ラグビーW杯 豪ゲーム主将、台風影響予報も勝利へ自信

 ラグビーのワールドカップ(W杯)1次リーグD組で既に8強入りを決めているオーストラリアが10日、翌日のジョージア戦に向けて会場の静岡スタジアムで調整した。台風19号の影響で試合は風雨の中での試合になる見通しで、ゲームキャプテンを務めるポーコックは「私たちの方がちゃんと準備をしてきた」と、勝利へ自信を示した。

 オーストラリアは攻守の連係を確認。チーム広報は8日に発表された登録メンバーから主力FWのフーパーら2人を体調面の理由で外すことを明らかにした。

 1勝2敗で敗退が決まっているジョージアのヘイグ監督は「勝つのは難しいが、スポーツは何が起こるか分からない」と番狂わせへ意気込んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ