スコットランド、露に大勝 混戦のA組 ラグビーW杯

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会第17日は9日、静岡スタジアムなどで1次リーグ3試合が行われ、日本と同じA組で世界ランキング9位のスコットランドが同20位のロシアに61-0で大勝し、日本の決勝トーナメント初進出は持ち越しとなった。

 前半に3トライ、後半に6トライを重ねたスコットランドは、4トライ以上に与えられるボーナス点1も得て、2勝1敗の勝ち点10とした。A組は3戦全勝で同14の日本、2勝1敗で同11のアイルランドを含む3チームが8強入りを争う混戦。ロシアは4連敗で大会を終えた。

 D組はウェールズが4トライを挙げてフィジーを29-17で下して3連勝。勝ち点14に伸ばし、同11のオーストラリアとともに準々決勝進出を決めた。フィジーは1勝3敗で3大会ぶりの8強を逃した。

 C組はアルゼンチンが計7トライで米国に47-17と快勝し、2勝2敗の同組3位となり、次回2023年大会の出場権を獲得した。米国は3戦全敗。(世界ランキングは8日付)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ