NZ、今大会最多11T71点圧勝!ナミビアは1次L敗退/ラグビーW杯

 ラグビー・ワールドカップ日本大会1次リーグ(6日、味の素スタジアムほか)1次リーグ2試合が行われ、B組で世界ランキング1位のニュージーランドは同23位のナミビアに71-9と大勝した。計11トライを重ね今大会最多得点をマーク。ナミビアは1次リーグ敗退が決まった。C組で世界7位のフランスは同16位のトンガに23-21で競り勝ち、同組のイングランドに続いて決勝トーナメント進出を決めた。

 ニュージーランドは前戦から中3日。世界最優秀選手2度選出のB・バレットと、モウンガの“ダブル司令塔”を温存し本職でない22歳のJ・バレットをSOで起用した。緊急事態に備えた実験的布陣で序盤は苦しんだが、後半は計11トライで今大会最多得点を更新。ハンセン監督は「後半はいいプレーがあり、エンジョイできた」。負傷していた主力のLOレタリックも復帰し、3連覇への準備が整いつつある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ