日本、松島が劇的トライ!4Tでサモア撃破 ボーナス点もゲット ラグビーW杯

 ラグビー・ワールドカップ日本大会1次リーグA組(5日、日本38-19サモア、豊田)世界ランキング8位の日本は、同15位のサモアを38-19で下して、3連勝。日本は計4トライを挙げ、4トライ以上で得るボーナス点も加えて勝ち点を14に伸ばし、A組の首位に立った。

 前回2015年イングランド大会に並ぶ1大会最多3勝で、初の準々決勝進出に大きく前進。同組3位以内が確定し、次回2023年フランス大会の出場権を獲得した。日本は13日に横浜・日産スタジアムで行われる最終戦で、同9位のスコットランドと顔を合わせる。

 これまでの対戦成績は日本の4勝11敗だった。前半は両チームともペナルティーが多く、PGで得点を重ねた。そして9-6の24分にサモアFLイオアネがシンビン(10分間の一時退場)となり日本が数的優位に立つと、27分に待望のトライが生まれた。ターン・オーバーからWTB松島が50メートル6秒1の快足を飛ばして敵陣深くまで運び、バックスに展開。最後はサモア出身で日本国籍を取得したCTBラファエレ・ティモシーがインゴールを陥れた(ゴール成功)。その後はサモアがPGで3点を返し、16-9で前半を終えた。

 後半5分にPGで3点を返されて、その後は一進一退の攻防が続いたが、NO・8姫野がジャッカル(タックル直後に相手ボールを奪いにいくプレー)。相手のノットリリースザボール(タックルされた選手がボールを離さない反則)を誘い、11分に田村がPG。再び7点差とした。

 さらに14分には、日本のラインアウトからマイボールキープし、モールで押し込んで最後は姫野がトライ(ゴール成功)。

 32分にサモアに1トライを返されたが、後半途中出場のWTB福岡が2試合連続となるトライ。さらに44分、敵陣でのスクラムからパスを受けた松島が相手をかわしながら左隅へトライ。ゴールも成功し、38-19でノーサイドとなった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ