“早大ドラ1トリオ”西武・大石、斎藤佑樹より先に引退へ

 西武の大石達也投手(30)が3日に戦力外通告を受け、現役引退の意思を明かした。

 「4、5年目に投げられなかったときに、クビになると思った。それでも契約してもらえたので、クビと言われたら辞めようと、そのとき決めていた」と、さばさばした表情。今後は育成グループのスタッフとして、チームをサポートする。

 2010年のドラフトで1位指名が6球団競合の末、西武に入団。日本ハム・斎藤佑樹投手(31)、昨オフに広島から楽天に移籍した福井裕也投手(31)と早大ドラ1トリオとして注目されたが、今季は2試合の登板に終わるなど、9年間で5勝6敗8セーブ。「(1年目に)肩を痛めてフォームが崩れてしまった。大学の時は150キロオーバーと騒がれて、入ってみたら結局1回も150キロが出ることなく終わった。入る前にイメージしていた自分と、かけ離れていた。9年間悔しい思いしかしていない」と故障に苦しめられた。

 斎藤は通算15勝26敗で2年間勝利なし。福井は通算32勝37敗で、今季2年ぶりの勝利をはじめ3勝を挙げた。大石は2人に気を使い、まだ連絡していないと明かしたが、一足先にユニホームを脱ぐことになった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ